護身術初心者へのアドバイスと注意点

近年日本国内でも犯罪が多発しており、特に女性が狙われるということが増えてきています。そのため女性も自衛の手段を身につけておく必要があるため、最近では合気道や柔道などの護身術を習うと言う人が増えてきていると言われています。勿論実際に活用することがないようにすることが大切なのですが、万が一に備えて身につけておくということは大切ですし精神的な安心感も持つ事ができます。護身術をこれから学ぼう・身につけようと考えている初心者の人は護身に関してまだまだ分からない事が多く、中には勘違いをしていると言うこともあります。そんな人に向けた護身に関するアドバイスと注意点というのはいくつかあるので、まずはそちらを確認しながら身につけていく事がおすすめされています。

護身術を身につける際のアドバイス

まず初心者でも誰でも簡単に護身する事ができる方法としては、危ない場所に近寄らないと言う事が重要になっています。これに関しては護身の術を教えているところならばどこでも教えていることなのですが、実は最も重要な護身の術だとされているのです。その上で万が一危険な目に遭遇した場合の回避方法や撃退方法を身につけていくのですが、ポイントとしては「回避する事を重視するのか」「相手を撃退する事を重視するのか」というところを自分の中で考える事です。もちろん回避を重視するのが一般的なのですが、護身の方法の中には相手を拘束するものなど動きを封じるタイプのものもあります。女性がそれを実践するのは難しい場合もあるのですが、そうすることで警察に通報したり時間を稼ぐこともできるので、どちらを重視して身につけたいのかを考えることは大切です。

初心者だから注意しておきたいポイント

初心者が護身術を勉強する際に勘違いしやすいのが、「護身の術を身につけたから安全」というところです。勿論身につけていない人と比較すると安全ではあるのですが、実際に危険な目に遭遇してもすぐに護身をする事ができる人と言うのは意外と少ないのです。そのため護身の方法を覚えたからと言って危険な場所に行く事ができるというわけではなく、あくまでも危険を回避するために身につけているものだと認識しておくことが大切です。また中には護身以外の場面で身につけた技術を使えるのではないかと考える人もいるのですが、方法や内容によっては護身以外で実践すると傷害として扱われてしまう場合のものもあります。そのため護身の術は自分から仕掛けるものではなく、仕掛けられた場合の切り返しとして利用するものだと認識しておく必要もあります。