初心者におすすめの護身術を説明します

世界でも比較的安全だと言われている日本においても、治安の悪い時間や場所というものはもちろん存在します。特に若い女性が一人でいる時に、いざという場面に遭遇した場合には自分で自分の身を守る必要があります。こういった意識が高まっている近年では、護身術が注目を集めています。これは道具を用いず、自分の体のみを使って身を守る技術ということで、若い女性だけでなく、男性や子供、年配の人、初心者でも覚えておけばとても役に立つものです。防犯ブザーやスタンガンといった護身グッズもよく知られていますが、こういったものに頼らず、危険を回避する方法となります。武道・格闘技だけではなく、事前に想定して練習し、いざというときに焦らず技術を大いに利用することが出来るようにしておくことが大切です。

護身術とは、戦うだけのものではありません

考え方としては、いかにリスクを少なくするかということが基本になります。危険と向き合った時の冷静で早急な対処だけではなく、それ以上に、危険と向き合う機会を設けないようにすることも重要です。大人数相手・相手が武器を所有している場合には覚えた技術が役に立たないこともあります。具体的には、遅い時間帯に出歩かない、人通りの少ない道はなるべく避ける、治安があまり良くないところへは足を踏み入れない、などを常に意識することがあげられます。また、護身術とは、相手を倒したり戦うというよりも、チャンスを狙って安全な場所へと逃げるための対処と言えます。格闘技やボクシングを集中して習うよりは、突然襲われるというシチュエーションを想定して、対処の方法をしっかり学ぶことになります。

初心者におすすめの護身術あれこれ

初心者でも想像しやすく、すぐにでも出来る実践的な技術では、「空手の金的蹴り」があります。靴の先が少しでも股間に当たるだけで、体の大きな男性でもうずくまるほどの急所蹴りです。きちんと狙うためには、一瞬でも冷静に相手の動きを判断することが大事です。次は、「一本指の関節技」です。ほとんどの格闘技におけるルールでは、指を一本掴むという行為は禁止されています。これは、効き過ぎて簡単に骨が折れてしまうためです。いざという時には、女性の力でも出来る関節技となります。特に親指の関節技は、相手に急激で大きなダメージを与えることが出来ます。最後に「頭突き」です。これはプロレス・空手で良く使う技の一つであり、前からだけでなく後にいる相手にも有効となります。夜道を歩いていて後ろからいきなり抱きつかれた場合に、後頭部を後方に思い切り振りましょう。相手の目や鼻、顎など顔のどのパーツに当たっても相当な効果を発揮します。